レーシックで失明をしてしまう可能性

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:19 8 18

昔は、やせていてキレイな体のラインであっても、
年を重ねるに連れて、太っていくという人は少なくありません。

これといってご飯の量を増やしているわけでもないのに太る…
という方もいらっしゃるでしょう。

なぜ、今までと同じご飯量であっても、
年をとると、徐々に太っていくのでしょうか?

加齢と太る現象をつなぐカギは、筋肉にあるようです。

筋肉というのは、
一定の年齢に達すると
徐々に減少していく性質があるんだそうです。

多少の個人差はありますが、
27歳前後をピークとして筋肉の量は減ってしまうらしいですよ!

普段、運動不足気味という人は、
筋肉がどんどん減っていってしまうのです。

1日中ごろごろして、まったく運動をしないと、
筋肉は、約0.5%程度減少してしまうといわれています。
かなりのハイペースといわざるを得ませんよね。

筋肉は、わたしたちがご飯で摂取するエネルギーの多くを
消費してくれる役割があります。

ということは、筋肉の量が減ることによって、
消費されるカロリーの量も自然と減ってしまうのです。

ですから、まったく今までと同じご飯量であっても、
徐々に太ってくるというわけなんです。

なので、太ることを防ぐためには、
筋肉の量が減らないように、
常に体を動かすように心がける必要があります。

将来的にも体のラインを維持したいというなら、
25歳を過ぎたあたりから、
体を動かすという習慣をつける必要があるんです。

そうすれば、きついシェイプアップをすることもなく、
体のラインを維持することができるはずですよ!

明日はいい日だ。がんばろ〜^^