レーシックで失明をしてしまう可能性

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:14 12 18

シェイプアップ中は、ビールを我慢すべき!と、
よく言われますが…

ビールにもカロリーが含まれていますが、
そのカロリーは「エンプティカロリー」と呼ばれ、
肉体には吸収されにくいものなんだそうです。

アルコールのほとんどは肝臓で分解されるので、
ビールそのものに含まれているカロリーは、
腸では吸収されないんですって!

それでも、
「ビールは太る」というイメージが強いのは、
アルコールに食欲を増進させる効果があり、
おつまみを食べ過ぎることが多くの原因なんですね。

さらに、ビールをくちにする時間は、
食べると太りやすい時間帯なので、
「ビールは太る」という俗説が定着してしまったんです。

シェイプアップ中でも、
食欲やおつまみの選び方に気をつければ良いのですが、
ビールと相性の良いおつまみは、カロリーや塩分が高く、
シェイプアップの天敵とも言えるものが多いんですよね!

なので、
シェイプアップと一緒に食べる料理の種類や量を上手くコントロールすれば、
シェイプアップの障害とはならないんです!

しかし、
ビールの後に味噌ラーメンなどを食べてしまったらアウトですので、
このような習慣は絶対に禁止!

おつまみなどにも注意して、
飲んだ後に味噌ラーメンなども食べていないのに太っていくのは、
アルコールが体本来の代謝機能を低下させていることが原因です。

また、おつまみの塩分が多いことなどで、むくみが起こり、
太ったと感じる場合もあります。

シェイプアップ中は、
飲み方や、おつまみの内容に注意し、
ビールを飲む夜の時間帯は、太りやすいということを意識して、
お付き合い程度にしておきましょう。