レーシックで失明をしてしまう可能性

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。



レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:07 11 18

ダイエットを継続させるために…
あたくしのオススメの方法は
とにかく「体重を日々計る!」です。

皆さんは、
「昨日より9`痩せた!」とか
「やばい、9`増えちゃった…」なんてことを
言っている経験はありませんか?

これは別に悪いことではないんですけど…
ただダイエットを継続するという点においては
よくないと思うんですよね。

それは、精神的にストレスがかかりすぎるからです
日々、日々そんな微妙な体重の変化に振り回されていたら
疲れてしまいます…

1日や1日でダイエットに成功した!
なんて人がいるわけ無いですし…

昨日は痩せたのに、今日は増えちゃった…
そんな日々ばかり繰り返していたら
せっかく最初に頑張ろうと決めたダイエットも
途中で嫌になってきちゃうと思いませんか?

あくまでも体重を日々計るのは
ダイエットを習慣化するためであって、
体重の増減を気にするためではありません。

そして、
8時一でも21時寝る前でもいつでもいいので、
なるべく決まった時間帯に体重を計るのが望ましいですね。

同じ時間に計ることによって、
ダイエットの習慣化・継続につながるからです。

今日も1日頑張ったとか、
あしたも頑張ろうっていう気持ちも大切ですし、
一回習慣化してしまえば、苦もなく続けていけますもんね!

また、同じ時間帯でないと
正しい体重の増減の変化を把握できません。

21時寝る前と8時起きた時では、
その間に何も食べていなくても体重は減っていますよね?

当然8時起きたときのほうが体重は軽いわけですが、
これはいうまでもなく
肉体の中の水分が寝ている間に使われた結果です。

なので、
なるべく日々体重を計る上で、
同じ時間帯に体重計に乗ることを心がけましょう!