レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:13 2 18

一定の時期に食べることをやめる断食減量は、
すぐに痩せたい人にとって、
魅力的な減量法かもしれません。

でも、わたしは断食減量って良くないと思うんです。

確かに何も食べなければ、体重は減るでしょうが…
同時にわたしたちは食べることによって、
生活していくために必要な栄養素を摂取しているんですよね。

それを一切受け付けないということは、
一過性のものとはいえ、後々わたしに影響するとも限りません。

読者様、食べないとどうなりますか?
腹がすいてきますよね?

腹がすいてくると、動くのも億劫に感じませんか?
出来るだけ動かないようにして、ただひたすら空腹に耐える…
こんな経験をしたことがありませんか?

動かない減量というのは、
実は一番いけない減量法なんですよね。
動かないと筋肉がどんどんなくなってしまいます。
そして身体に残るのは脂肪…

これでは、基礎代謝は落ち、
身体も理想的なものではなくなる…といった風に
減量の目標を完全に見失ってしまいます。

もし、医者などの身体の専門家がついてくれるというのなら
別に断食減量を止めはしません。

でも、雑誌で見たからといって、
見よう見まねで断食減量を試みようとしているのなら、
「そんなことはやめなさい!」と言いたいですね。

筋肉が落ちて、代謝が下がった状態になっているにも関わらず、
痩せたからといって、安心して元の食事に戻したとします…

すると、あっという間に元通りの身体に戻ることは、
もはや想定の範囲内!
いわゆる「リバウンド」ってやつです。

リバウンドなしで理想的な身体を手に入れたいのなら、
適度な食事と適度な運動を継続的に続けていくことが、
最も確実で、最も手っ取り早い方法なんですよね!

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良医師を選んでレーシック手術