レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:19 7 18

我が家には、ネコが居ます。

離婚をして、娘と男の子と3人で暮らし始めて
ミーが仕事で遅くなることもしばしばあったので
まだ、小学校の低学年だった男の子が、
少しでも寂しくないように…と、
飼い始めたのがきっかけでした。

このネコが、いつもすごいな…と
感心してしまうのです。

息子達も大きくなり、
午後間は人が居ない連日の我が家。
ミーも、もちろん仕事で出ています。

ごはんをあげてから出かけますし、
カリカリのエサも置いては行くのですが、
それでも、ネコは主人達の帰りが遅いと
何時間もの間、空腹に耐えて過ごさないといけない訳です。

主にごはんをあげるのは、ミーの役目なので
ミーの帰りを待っていることが多いのです。

仕事が遅番の日は、
帰宅が夜更けの1:00近くになることもあります。
そんな時でも、しっかりと待ってくれています。

ミーの足音が聞こえると…
「ニャ~!ニャ~!」
声も枯れんばかりに、鳴いています。

ようやくエサをもらえると、がつがつと食べます。
食べ終わると寄ってきて、ごろごろごろとノドを鳴らして
「ありがとう」と言わんばかりに、
嬉しそうに擦り寄ってきます。

ミーだったら、
腹を空かして
連日、まだかな~って待たなきゃいけないって、
堪えられない!

そうして、帰ってきてくれても、きっと
「もう!遅い!なんで、もっと早く帰って来ないのよ!」とか…
きっと言ってしまうに違いない。

ごはんをもらっても、
ありがとうも言えないかもしれないし
ふてくされて、無言で眠ってしまうかもしれない…

ネコって、それをしないんですよね。

「一生懸命待ってたよ!お帰り!嬉しい!
ごはんくれて、ありがとう!」ってだけの表現を
素直にすることが出来るネコって
ミーはすごいなぁ~と思うのです。

レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良医師を選んでレーシック手術