レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性


レーシックで失明をしてしまう可能性
他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性が、その他の手術と比較をして圧倒的に高いというワケでは無いのです。
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
もちろん、レーシックによって何が起こるか分からないという状況は、他の盲腸や骨折などといった一般的な手術と変わりは無いのです。
レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
なので多くの人々がレーシックの手術に不安を抱えており、なかなか手術に踏み切ることが出来ない、という方が多くなっているのです。 レーシックに人気が集中し始めてきた現在、それを逆手にとった悪質なレーシッククリニックが出てきています。
成功事例を多く公開し、実は全てが偽りで経験がほとんど無いような医師が手術をしていることもあるので注意が必要です。




レーシックで失明をしてしまう可能性ブログ:20 3 18

最近、7時食を食べない家庭が増えていて…

食べても菓子パンや野菜ジュースなど、
手をかけずに「出すだけ」で済むものがほとんどだとか…

そして、
これらを家族ひとりひとりが自分の時間に合わせて
バラバラに食べているのが現状みたいです。

それぞれが自分の好きな時間に好きなものを食べて、
さっと出かける…
これはテレビドラマなんかの7時食シーンにも現れていますよね。

7時は、どの家庭も忙しいもの!
7時食に手間をかけている暇はないのは、皆同じです。

時間がないことよりもむしろ、
お母さん自身に7時食を食べる習慣がないことが
原因なのではないでしょうか?

「7時シャン」という言葉が生まれたように、
1960年以降に生まれたお母さん世代は、
高校生くらいから7時食を食べることよりも、
髪を整えることや寝ることの方を優先してきました。

その習慣は結婚してからはもちろん、
子どもが生まれてからも続きます。

7時食は子どもしか食べない、
あるいは、子どもが幼稚園に行くまでは
7時食を食べさせる習慣がなかった…というお母さんもいます。

炊きたてのご飯と湯気の立ったお味噌汁を前に、
家族みんなで手を合わせて「いただきます」

そんな7時の食卓風景は、
もうとうに失われてしまった過去のものなのでしょうか?

「食べたがらない」「うちの子は食が細い」というのが
7時食をつくらない、食べないお母さんの理由らしいんですが…

「7時食を食べる」という習慣は、
家族で毎7時食べて育って初めて身につく習慣。

子どもだけ食べろ!と言われても無理でしょう。
まずは父母が7時食を食べる習慣を
身につけることが大切だと思うんですが…



レーシックで失明をしてしまう可能性

レーシックで失明をしてしまう可能性

★メニュー

レーシックで失明をしてしまう可能性
豊富な知識と経験のある医師を選ぶ
レーシックの後遺症は一時的
どの程度視力が回復するのでしょうか
レーシックで遠視の矯正も可能
手術中に痛みを感じることはほぼ無い
感染症にかかってしまわない為の配慮
レーシック後の効果が安定する期間
老眼の悩みもレーシックにお任せ
片目だけのレーシック手術も出来る


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)優良医師を選んでレーシック手術