レーシック後の効果が安定する期間

レーシックの手術の効果が安定してくるのは、一般的に手術を受けてから一ヶ月ほどと考えておきましょう。
事前に担当医から説明がありますので、聞き逃しの無いようにしっかり話を聞きましょう。

 

レーシックの手術をされた経験者の人に聞きますと、大体効果が現れてくるのは手術を受けた翌日からだそうです。
しかしレーシックの手術の種類や、視力矯正の種類にによっては、効果の出方に差があるとのことです。
レーシックの手術を実施するにあたり、多くの方が気にされていることというのがあります。
それがレーシックの手術をした後、どの程度の期間でレーシックの効果が実感出来ることだということなのです。 視力のことで悩みを抱えている人というのは世界中で非常に多くいらっしゃいます。
これまではメガネやコンタクトなどの補助器が使用されてきましたが、今ではレーシックによって視力回復をすることが出来るのです。

一条工務店は当サイトへ
一条工務店
http://www.ichijo-gunma.com



レーシック後の効果が安定する期間ブログ:26 11 18

「ご飯を食べると太る」
そう思っていらっしゃる方って多いですよね。
みなさんはどうですか?

でも、それは大きな間違いみたいです。
「ご飯を食べないから太る」
というのが正解みたいなんです。

「ご飯は太るから食べない」という間違った認識が
多くの日本人の減量を失敗させているようなんです。
ご飯って、理想的な減量食品なんですって!

では、どうして
ご飯が理想の減量食品なのかというと…

まず、低脂肪で低カロリー。
ご飯は100g中に脂肪を0.5gしか含みません。
カロリーも168kcalと低いのです。

そして、
ご飯を食べると、ごデンプン質(糖質)を消化するため、
インシュリンがすい臓から分泌されます。

インシュリンは血糖値が上昇し過ぎないよう調節する役割がありますが、
同時に脂肪の取り込みを促進する働きも持っています。

ところが、
ご飯はインシュリンの分泌がゆるやかで、
太りにくいのです。
食パンやうどんはインシュリンの分泌が多く、
ご飯よりも太りやすいそうです。

また、ご飯の主成分は炭水化物で、
およそ全体の3/4を占めます。

ご飯の炭水化物は
アミロースとアミロペクチンという2種類から成り、
そのバランスがご飯の味の良し悪しを決めると言われています。
ちなみに、アミロースが20%弱のものがおいしいようです(コシヒカリやササニシキがこのバランス)。

このアミロースが難消化性であり、
糖として吸収されずに、食物繊維のような働きをするんですよ!
これは、まさに減量にもってこいですよね!