感染症にかかってしまわない為の配慮

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。

 

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。

当たる占いサイトcheck!
当たる占いサイト、今すぐ
http://petite-petal.com/recognize/



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:18 2 18

朝は、気持ちよくスッキリと起きたい! 
だけど、睡眠時間や起きるタイミング、体調、お天気などの影響で、
いつも爽やかというわけには、なかなかいかないものです。

眠い、だるい、つらい…というネガティブな気分を引きずらず、
24時間を爽快にスタートするためには、体操がオススメ!

「朝の忙しいときに体操なんてしていられない!」
と思われるかもしれませんが、
体操といっても、ほんの2〜3分のストレッチ。

朝、目が覚めてから
起き上がるまでのわずかな時間、
布団やベッドに横になったままで、
のびをしたり、足先を回したり、
体質を軽くねじったりするだけでOK!

朝目覚めた直後は、
体質全体の機能が低下していて、
脳と筋肉がうまく連動できない状態にあります。

急に起き上がって動き出すと、
つまずいたりぶつかったり、
寝ぼけたことをしてしまうことがあるのはそのせいです。

ですから、
朝、目が覚めたら、
まずはゆっくりと手足を伸ばしましょう。

そうすれば、
「これから動き始めるぞ」という信号が脳に伝えられ、
体質を活発に動かす準備ができていくというわけです。

大切なのは、
ゆっくりと呼吸をしながら、
できるだけリラックスしてすることです。

これからの朝の慌ただしさや、
今日24時間の予定などはなるべく考えずに、
体質に意識を集中するようにします。

「これから動くよ」と
心の中で体質に声かけしたり、
体質中に血液が活発にめぐるのをイメージしたりすると
楽にできますよ。

まずは休日の朝にやってみて、
コツをつかんでしまいましょう。
そうすれば、慌ただしいウィークデーの朝だって、
目覚めスッキリ体操で24時間を快適に始められますよ!