感染症にかかってしまわない為の配慮

レーシックの手術を行った後は、手術をした切り口が落ち着くまで意識的に目を清潔にしておきましょう。
感染症にかかってしまった時にはすぐに担当医に相談をするようにしてください。

 

感染症というのは、レーシックの手術を実施したことの副作用であったり、拒絶反応というわけではありません。
角膜を切ったその切り口から、何らかの細菌が入り込んでしまったことによって引き起こされることが原因となっています。
レーシックでは、手術が終了した後はしばらく目を積極的に清潔に保つことを意識して生活をする必要があります。
レーシックの手術を実施した後の目は、しばらく敏感な状態となっているので、感染症にかかる確率が高くなっているのです。 もしこれからレーシッククリニックを探そうと考えているのでしたら、簡単な気持ちで探してはいけません。
最も大切なことは医師の経験であり、口コミサイトなどで数々のレーシックに関する情報収集をするようにしましょう。

当たる占いサイトcheck!
当たる占いサイト、今すぐ
http://petite-petal.com/recognize/



感染症にかかってしまわない為の配慮ブログ:20 8 18

自分の立ち姿を、鏡に映して見ると…

猫背で前傾姿勢になっていませんか?
腹をつき出して
後ろに反り返った姿勢になっていませんか?

美しい姿勢を保つためには、
腹筋や背筋をはじめ、
さまざまな筋肉を使わなければなりません。

筋力が衰えると、姿勢が悪くなるのはもちろん、
バランスの崩れから腰や膝への負担が大きくなり、
痛みとして表れることもあります。

ですから、
健やな日々を過ごすためにも、
しなやかに美しく動くためにも、
ときどき立ち姿を鏡でチェックすることを
ミーはおすすめします。

娘の頃、お母さんや先生に、
「背筋を伸ばして」「アゴを引いて」「胸を反らしすぎないで」
などと注意を受けたことがありませんか?

確かにその通りなんですが…
そうすると不自然に力が入り、
かえって変な姿勢になってしまいかねません。

実は、とても簡単に
美しく立つコツってあるんですよね。

まずは、肩の力を抜きます。
そして、おへその下辺りとヒップに意識を向け、
その2カ所をキュッと引き締めるのです。

それだけで、自然に背筋が伸び、
腰がすっきり持ち上がり、
膝も伸びてきますよ。

美しい姿勢を保つためにも、筋力の低下を防ぐためにも、
適度な体操は欠かせません。

腹を引き締めたり、からだを伸ばすストレッチをしたり、
からだのバランス感覚を鍛えたり、
日々のちょっとしたすきま時間に
適度な体操を取り入れることを、習慣づけたいものですね。

ちょっとだけ意識することが、
素敵なからだのラインと健康な日々につながるんです!