レーシックで遠視の矯正も可能

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もし心配なようでしたら、一度事前検査をしてもらうと良いでしょう。

 

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そして光の屈折を正しい状態にして焦点を合わせていく手術なのです。
レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
これはレーシックで遠視の矯正を行うことは十分に可能ということなのです。 思い切ってレーシックをしてみようと思ってもなかなかそれを実行に移すのは悩むことだと思います。
まずはレーシック口コミサイトや情報サイトなどを確認してレーシックについての知識をしっかりと理解しておきましょう。



レーシックで遠視の矯正も可能ブログ:10 12 18

ある日会社で見せられた禁煙ビデオで、
僕は少なからずショックを受けた。

そこにはタバコを吸っている者と、
そうでない者の肺の中が大写しにされていた。
当時、僕は一日に一箱吸う喫煙者であった。

タバコを吸っていない者の肺はきれいな色をしていたが、
吸っている者の肺は黒いタールがびっしりへばりついていた。

それを見た僕は
「自分の肺もあんなになっているのか」と思うと、
ぞっとした。

数年前から家内にはタバコをやめるよう、
しつこく言われているのにもかかわらず
無視して吸い続けていた。

肺がんで苦しんでいる人の映像まで見せられて、
僕はついにタバコをやめようと決心をした。

しかし、一気にやめることはできなかった。
そこで徐々に一日の本数を減らしていくことにした。

最初は5本減らし、一日15本にした。
これはなんとかいけた。

半月後には10本にした。
このあたりからかなり苦しくなってきた。
ガムでくちをまぎらわしながら耐えた。

ひと月後には一日5本にした。
ここからは本当に苦しいニコチンとの闘いであった。

一日5本が8本になることもあった。
つらい一進一退が続く…
そのとき、僕はこの剣が峰を乗り越えるには、
あのビデオの力をもう一度借りねばと思った。

会社からビデオを借りてきて再び見た。
ニコチンに負けそうになっていた僕に、
それは喝を入れてくれた。
ついに僕は2ヶ月後に禁煙に成功した。

これをきっかけに、
近くに住んでいるむすめ夫婦にも禁煙をさせようと思った。

娘夫婦にも例のビデオを見せた。
ビデオを見終わると、
2人とも少しショックを受けた表情をしていた。

むすめ夫婦もタバコと縁を切ることができた。